支えられる側から支える側へ

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 08:19

こんにちは。

霊波之光仙台支部青年部のタケノコです。


今回は、最近拝観しました体験シリーズの感想です。


こないだ、第4話の「失明」を拝観させて頂きました。

まずは、ざっくりとした内容です。(私の視点ですので悪しからず。)

主人公は中年の男性。妻との2人暮らし。娘はすでに嫁いで遠方に住んでいる状況。

主人公は目が見えないため、家にこもりっきり。妻の職場の同僚からお導きされ、参拝をする中で前向きな気持ちになっていき、視力も回復していく。です。


・・・いやー、良い!

いいんです!

何が良いっていろいろあるんですが、35分の中で、ものすごく詰まった内容なんです。

※以下、ネタバレします。まだ拝観したことない方で楽しみにしておきたい方は、以下は拝観されてからご覧ください。(以下10行、改行します。)











・・・

まず、主人公が元はいい人なんだろうなーと思うのですが、でも目が見えないことで気持ちがふさいでいくのが何ともせつないことんです。でも、御力により徐々に目が見えて回復していく中、ただただ感謝の姿勢でして、その心が素晴らしいと感じます


また、妻も素敵で、ふさぎがちな夫を励まそうと無理にでも元気に接しているとか、主人公から目が見えないことの憤りをぶつけられた後、目が見えない人の気持ちを理解しようと目隠しをして夕食の準備をしたりとか、主人公が前向きになる姿を見て涙ぐんだりとか、本当に主人公のことを気にかけており、深い信頼関係で結ばれた夫婦だと感じます。


さらにこの体験シリーズ、昭和59年3月19日のことも描写されています。御守護神様が霊波御光となられた日として現在の私たちは頂いています。しかし、当時の信者さんの気持ちはどうだったのか、もはや想像するしかないわけですが、その心の動きを描いたシーンがあったりします。また、御守護神様、二代様の御姿のシーンのナレーションも他の体験シリーズとは少し異なっているようで、すごく思うところがありました。


そして、最後。実は私、体験シリーズの中でも昔からこの第4話が好きなのですが、今回なんでなのかを考えながら拝観しました。結果、いろいろ気づきがあったのですが、その中でも一番、いいなーと思ったのが最後のシーンです。


主人公、これまで妻に支えられて礼拝堂の階段を上っていたのですが、最後、自分一人で上って行きます。そしてそれを見ている妻に手を差し出し、二人で階段を上り映画が終わります。


・・・このシーンが本当に良いです!


これまで目が見えずに支えられていた主人公がこれからは支える側に、という1カットが、これまでの妻の苦労も考えると、とても感動的なんです。そして、タイトルにも記載しました「支えられる側から支える側へ」、という点、前向きなこれからの未来をも彷彿させて実に清々しいエンドとなるわけです。


と、長々と語ってしまいましたが、まだ拝観したことが無い方はぜひ!


郡山支部のブログもぜひご覧ください。

http://rhk-koriyama.doorblog.jp                  



準備期間かなー

  • 2020.04.29 Wednesday
  • 19:35

皆さん、こんばんは。


霊波之光仙台支部青年部のタケノコです。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?


さて、突然ですが、問題です。


大小異なる二つの正方形を、中心が重なるように置く。なお、双方の正方形において、お互いのひとつの辺が別の正方形の辺と平行となるものとする。


…これって何でしょうか。



もうひとつ。

長方形を短辺が水平になるように置く。中心を通り、二つの長辺と直角に接する線分を引く。


…いかがでしょう。



これは、私なりに「回」と「日」の字を図形的に表現したつもりです。

違う解釈も出来んぞ、という方はご容赦ください…(汗

そもそもの言葉の定義(中心とか水平とか)が共有されていないとという点はおいといても、こんな単純な漢字でも図形として人に伝えるにはなかなか大変だということを感じてもらえればと思っての質問でした。


ここ数カ月の急な社会の変化、なかなか慣れない中でいろいろ皆さん対応に苦慮されているのではないかと思います。
 
かくゆう私の職場も、極力出勤者を減らすということでほとんどの方がテレワークとなっております。


普段であれば直接話して済む数分の対応事項に数倍の時間がかかってしまうなど、意志疎通の難しさに私も直面しているところです。


特にメールのみでのやり取りが増えまして、文字で物事を人に正しく伝える、という点にこれまで以上に気を使うようになりました。

ちょっとした言い回しが誤解になりかねない、って本当にあるあるですからね。


この点、ホント大変と思うことも多いですが、個人的には今はすごく前向きにとらえています。

というのは、こういうことって人に何かを伝えるという点で、ものすごくトレーニングになるからです。


相手の状況を考えて、相手に理解してもらえる言葉を使い、そして自分の想いが伝わる言い回しを考える。

…これって、「話して伝えればいいじゃん」が通用しない今だからこそ養えるスキルかな、と思うからです。


今はステイホームな世の中ですが、いつかは交流が再開するはずです。

そのときに、今以上に霊波之光のことや信者さんの体験などを上手くお伝えできるように、今は準備期間を頂いたと考えて過ごしているこの頃です。


そんな私が最近思うことを報告させていただいた次第です。

本日もありがとうございました。


こちらもご覧ください。

http://rhk-koriyama.doorblog.jp

御誕生祭!

  • 2019.07.27 Saturday
  • 23:17
みなさんこんばんは!
にゃんこです(*´∨`*)ノ

久々の投稿となってしまいました。

さて、明日は二代様御誕生祭です!

会場のあたりは梅雨明けしてるそうです!

班の中でも参加させていただける方がいたので、帰ってきたらお話を聞きたいと思います(〃▽〃)?

にゃんこは仕事なので、布教で参加させていただきます!

明日も1日笑顔と挨拶で元気に頑張りましょう( ´?` )

3月7日

  • 2019.03.07 Thursday
  • 20:21
皆さんこんばんは、にゃんこです(*´∨`*)ノ

本日は御聖神祭おめでとうございます。
仕事の締切が近い時期で休みを取ることができなかったので、心の中でお祈りをさせていただきました。
支部に参拝・ご奉仕をさせていただいた家族より、雨の平日ながらも参拝の方が多かったよと聞き、今日この日の尊さを改めて実感させていただきました(*´∇`*)

私たちが救っていただいているのは御守護神様の長年の御聖行があったからこそという感謝を忘れてはいけないと思いました。

笑顔、挨拶に始まり、いただいている御教えをコツコツ実践していきたいと思います*\(^o^)/*

街頭

  • 2019.02.17 Sunday
  • 22:27
みなさんこんばんは!
にゃんこです(*´∨`*)ノ
いつもRHKまごころのブログをご覧いただきありがとうございます☆

今日は街頭布教に参加させてささいただきました。見ずにスッ受け取ってくださる方もいれば、一瞬立ち止まって見た上で受け取ってくださる方もいて…と短時間ながらも受け取ってくださる方が多く、嬉しかったです(〃▽〃)

天気もよく暖かい中で布教させていただけた事はとてもありがたいと思い、布教しながら心で感謝のお祈りをさせていただきました(∩∩)

一人でも多くの方に知っていただけるよう、これからも頑張っていきたいと思います!!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM